きもの日記 令和元年7月3日。 川原マリアさんに会ってきた/ホタルを見てきた

きもの日記

朝から、いそいそと髪を巻き、

ああでもないこーでもない。ときものを選んで、

ひとり原宿へ。

原宿なんてひさしぶり。

まして、ラフォーレなんていつぶりなんだろう…。

着物の図案家・デザイナーの川原マリアさんに逢いたくて、

彼女のブランドMICOPARADEが期間限定でラフォーレに出店するというので行ってみたのだ。

ちょっとドキドキ…。

えっと、2階だったよな。

かわいい着物やアクセサリーがディスプレイされている。

ふはぁ。かわいい…。生マリアさん!

じっくり品物を見て、

マリアさんとお話もできて、

握手もしてもらって、

ハグまでしてもらった!!!

こーゆーとき、うまく微笑める人が羨ましい…。緊張の面持ちの私…。

派手な座敷わらしと天使…。

最終日前日で、多分お疲れだろうし、ひっきりなしに人が来るのに、ひとりひとり丁寧に接客されてて、そしてむちゃくちゃ優しい…。

品物も、決して高くないし、むしろ安い!

それなのに、無理して買わなくていいからね。と。

かわいいものがありすぎてなやむ。

むちゃくちゃかわいい、にわとり夫婦のピアスと、

エスニックな刺繍の半衿を買ってきた。

ピアスは、BunBunBrauさんという作家さんのもの。どれもレトロで可愛かったー!

刺繍半衿は、

ゴールデンカムイにはまりすぎてるので、アイヌっぽく着てみたくて、合わせたらかわいいなー。と思って。

その場でピアスはつけて帰ってきた。

こちらはおんどり。

こっちがめんどり。

ついでにちらっと、原宿のシカゴに寄り道して、すかさず古着のきものをチェック。

思ったより安かったしたくさんあった!

外国人観光客しかいなかったけど…。

意外な穴場かも…。

物欲が爆発しないうちに茨城に帰る。

夜は、着付けの先生方と蛍を見に行く約束をしていたのだ。

みんなでご飯を食べて、

筑波山のふもとの蛍スポットへ…。

くらいあぜ道を歩く着物姿の四人組。

あたりは田んぼなので真っ暗。

なんか肝試しみたいだね。とみんなで話す。

でも、冷静に考えたらどうみても私たちが幽霊だよね。

知らない人が見たら恐怖でしかないってば!

蛍、たくさんいた。

小さい頃に長野で見たことはあったけど、この辺でも見られるなんて驚きだ。

なかなか写真撮れないねー。

肉眼だと綺麗なのに、写真は難しい。

たまたま、ひとりの着物にとまった蛍を捕まえてくれた。

https://kimono.kaokaokiikii.com/wp-content/uploads/2019/07/img_4923.mov

小さいのにこんなに光る。

すごいなー。

みんなできゃあきゃあ、誰もいない夜道を歩くのもなんかたのしかった。

濃密ないちにちだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました